Masakiもおすすめ! 愛車がピッカピカになるバイク用シャンプーはこちら。しかも安いよ (^.^)
ワコーズ VAC バリアスコート

車、オートバイ用コーディング材で定評がある「ワコーズ」の超強力なコーディング材です。
高密度ガラス系ポリマーとオリジナルポリマーレジンがガラスのようなクリスタルな輝きを実現します。
磨けば磨くほど輝きが増すコーディング材です。
ガラス系のコートであなたの愛車を“ガッチガチ”にコーディングします。

一度使ってみて!ツルツルになるよ!

シビックTYPE-R、5つのサーキット前輪駆動車記録更新

Honda ウエルカムプラザ青山


 

 

 

 

みなさま、こんにちは。

 

Masakiです。

 

 

先日、インターネットで自動車のニュースを検索していたら、
ホンダCIVIC TYPE R、CR-V関連のニュースが目に入ってきました。

 

そのニュースがこちら。

 

 

CIVIC TYPE R 「タイプRチャレンジ2018」で5つのサーキット、全てコースレコードを更新

 

 

ホンダシビックTYPE Rが、ヨーロッパの5つのサーキットでコースレコードを更新する企画
タイプRチャレンジ2018」で、
5つのサーキットすべてのレコードを更新したということです。

 

Honda Motor Europe Ltd(UK) CIVIC TYPE R CHALLENGE

 

この「タイプRチャレンジ2018」とは、前輪駆動(FF)部門でのサーキット最速ラップを更新するというもので、

 

 

第1戦
・フランス マニクール・サーキット
ドライバー:エステバン・グエリエリ選手
タイム:2分1秒51

 

第2戦
・ベルギー スパ・フランコルシャン・サーキット
ドライバー:ベルトラン・バゲット選手
タイム:2分53秒72

 

第3戦
・イギリス シルバーストーンサーキット
ドライバー:マット・ニール選手
タイム:2分31秒32

 

第4戦
・ポルトガル エストリル・サーキット
ドライバー:ティアゴ・モンテイロ選手
タイム:2分1秒84

 

第5戦
・ハンガリー ハンガロリンクサーキット
ドライバー:ジェンソン・バトン選手
タイム:2分10秒19

 

という結果でした。

 

 

・エステバン・グエリエリ(Esteban Guerrieri)選手

 

 

 

第1戦、マニクール・サーキットをチャレンジしたエステバン・グエリエリ選手はアルゼンチン、ブエノスアイレス出身のレーシングドライバーです。

1985年1月19日生まれ、現在33歳(2018年現在)

カートからキャリアをスタートさせた後、フォーミュラルノー、フォーミュラ3ユーロシリーズ、アルゼンチンのツーリングカーシリーズ「TC2000」、WTCCとステップアップしてきました。

現在はAll-Inkl.comレーシングチームで、FIA WTCRシリーズをホンダシビックTYPE Rで戦っています。

 

エステバン・グエリエリ公式FACEBOOK

エステバン・グエリエリ公式TWITTER

 

 

・ベルトラン・バゲット(Bertrand Baguette)選手

 

 

 

第2戦、スパ・フランコルシャン・サーキットをチャレンジしたベルトラン・バゲット選手はベルギー、ヴェルヴィエ出身のレーシングドライバーです。

 

1986年2月23日生まれ、現在32歳

 

4歳でカートを始めたベルトラン選手は2004年にはフォーミュラルノー1.6へステップアップ、2005年にフォーミュラルノー2.0、2007年にフォーミュラルノー3.5へとステップアップしてきました。2009年にはフォーミュラルノー3.5シリーズチャンピオンを獲得しています。

2010年にはインディーカーシリーズ、GI1シリーズへ参戦し、インディーカーシリーズでは2011年、“インディー500”で7位入賞を獲得いたしました。
2012年より世界耐久選手権(WEC)へ参戦し、2013年にはオーク・レーシングチームにてLMP2クラスシリーズチャンピオンを獲得いたしております。

2017年からはEpson Nakajima Racingにて、日本のスーパーGTシリーズ500クラスにホンダNSX-GTで参戦しています。

 

2018年に、さらなる活躍が期待されている選手です。

 

ベルトラン・バゲット公式TWITTER

 

 

・マット・ニール(Matt Neal)選手

 

 

 

第3戦、シルバーストーンサーキットをチャレンジしたマット・ニール選手はイギリス、スタウアブリッジ出身のレーシングドライバーです。

 

1966年12月20日生まれ、現在51歳

 

マット・ニール選手はイギリスツーリングカー選手権(BTCC)を1993年、1995年、1999年、2000年、2005年、2006年の合計6回総合優勝した、イギリスツーリングカー選手権伝説のレーシングドライバーです。

FIA欧州ツーリング選手権にも参戦した経験があり、2001年、第10戦ポルトガルエストリルサーキットで優勝した実績があります。

 

余談ではありますが、マット・ニール選手は身長が非常に高く、2mくらいあり、
シングルシーターのフォーミュラカーにはほぼ乗れないそうです。

 

マット・ニール公式ホームページ

マット・ニール公式Facebook

マット・ニール公式Twitter

 

 

・ティアゴ・モンテイロ(Tiago Monteiro)選手

 

 

 

第4戦、エストリル・サーキットをチャレンジしたティアゴ・モンティロ選手はポルトガル、ポルト出身のレーシングドライバーです。

 

1976年7月24日生まれ、現在42歳

 

ティアゴ・モンティロ選手は、本格的にレース活動を始めたのが20歳の時と、遅咲きのレーシングドライバーです。

1997年にフランスポルシェカップ総合優勝を獲得した後、フランスF3選手権、国際F3000シリーズ、アメリカのCARTシリーズ、と実績を伸ばしてきました。

2004年にはF1のミナルディチームのテストドライバーを務め、翌年2005年にF1チーム「ジョーダン・グランプリ」のレギュラードライバーのシートを獲得しました。
2005年シーズンは、開幕戦から第16戦まで連続完走という抜群の安定性を発揮し、同年のルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得いたしました。

2006年はジョーダン・グランプリを買収した“ミッドランF1”(MF1)に残留しましたが、マシンの戦闘力の低さなどもあり、昨年の安定性はありませんでした。総合ランキング21位でシーズンを終了しています。

2007年からはセアト・スポーツからWTCCシリーズへ参戦しています。

2012年からはWTCCのホンダワークスチーム「ホンダ・レーシングチームJAS」へ移籍し、WTCRシリーズを戦っております。

 

ティアゴ・モンテイロ公式FACEBOOK

ティアゴ・モンテイロ公式TWITTER

 

 

・ジェンソン・バトン(Jenson Button)選手

 

 

 

いわずと知れた、F1 2009年度ワールドチャンピオンです。

 

第5戦、ハンガロリンクサーキットをチャレンジしたジェンソン・バトン選手はイギリス、フローム出身のレーシングドライバーです。

1980年1月19日生まれ、現在38歳

 

8歳でカートデビューし、1998年、イギリス・フォーミュラ・フォード選手権に参戦、1990年、イギリスF3選手権に参戦、2000年にはウィリアムズからF1レギュラーシートを獲得し、フル参戦と、着実にステップアップを果たしてきました。

 

イギリス・フォーミュラ・フォード、イギリスF3時代から非凡な才能を発揮しており、1999年、F1チーム「プロスト・グランプリ」のテストドライブにて、レギュラードライバーであったジャン・アレジよりタイムが上回ったことで注目を集めていました。

 

現在は、「チーム国光」にて、マシン”NSX-GT”でSUPERGTに参戦し、またFIA世界耐久選手権(WEC)へ、「SMPレーシング」から参戦しております。

 

人気と実力を兼ね備えた、非常に人気のドライバーであります。

 

ジェンソン・バトン公式ホームページ

ジェンソン・バトン公式FACEBOOK

ジェンソン・バトン公式TWITTER

 

 

 

CR-Vの月間販売台数、9月30日時点で5000台以上受注

 

ホンダ関連のニュースをもう一つ。

 

 

ホンダCR-Vの月間販売台数が9月30日時点で、月販目標(1200台)の4倍超となる5000台以上受注したと発表いたしました。

 

・本田技研工業株式会社 ニュースリリース 新型「CR-V」受注状況について

 

売れに売れていますね。

 

力強いエクステリアデザインや、安全運転支援システム「ホンダ センシング」の装備、上質で使い勝手の良いなインテリアデザインが、高評価を得ていると思われます。

 

Honda SENSING(ホンダ センシング)

 

 

見た目にカッコイイですし、インテリアも使い勝手がよさそうですので、
ファミリーに受けそうですよね。

 

ホンダCR-V

 

 

 

フォトギャラリー

 

早速CIVIC TYPE RとCR-Vを見に、港区南青山にあります、「HONDAウェルカムプラザ青山」に行ってきましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感想

CIVIC TYPE Rに座った感じは、ほぼ“レーシングカー”と言っていいくらいシートのホールド性やステアリングの握り心地、シフトノブのフィーリングが“しっかり”していました。

 

CIVIC TYPE Rで特筆されるのが、トランスミッションが“マニュアル”設定しかなく、
走り”が好きな人へ、強烈にアピールしているところです。

 

私も久しぶりに「クラッチペダル」を踏みました。
とても懐かしい感じです。

 

“走り”にのみ特化しているわけではなく、後部座席十分ゆったりくつろげるスペースが確保できています。

オーディオオプションなども充実しており、家族で使用しても十分満足がいく車だと感じました。

 

実際ステアリングを握って、“しっくり”くる車はいいですね!

 

 

CR-Vの座り心地は素晴らしいの一言でしたね。展示してあったグレードは「EX」で、シートは革張りで仕上げられ、車のシートというより、“高級オフィスチェア”という感じでした。

 

後部座席も広々で、家族とキャンプ用の用品が余裕で詰めるスペースを持ち合わせています。

 

家族でキャンプや海などに、非常におすすめな車です。

 

 

お車を購入する前に、実際にシートに座り、ステアリングを握ってみるのがいいかもしれませんね!

 

 

 

Honda(ホンダ) AWライディングカバーオール ダークベージュ Mサイズ 0SYES-Y32-CM

 

 

 

HondaコレクションレディースゴールドWingソフトシェルジャケット – 3 xラージ/ブラック

 

 

 

HondaコレクションGold Wing半袖レディースTシャツ、性別:女性用、Distinct名:チャコール、Primaryカラー:グレー、サイズ: MD 54 – 7422

 

 

 

 

読んでいただき、ありがとうございました。

またお会いしましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました