Masakiもおすすめ! 愛車がピッカピカになるバイク用シャンプーはこちら。しかも安いぜ!!
ワコーズ VAC バリアスコート

車、オートバイ用コーディング材で定評がある「ワコーズ」の超強力なコーディング材です。
高密度ガラス系ポリマーとオリジナルポリマーレジンがガラスのようなクリスタルな輝きを実現します。
磨けば磨くほど輝きが増すコーディング材です。
ガラス系のコートであなたの愛車を“ガッチガチ”にコーディングします。

一度使ってみて!ツルツルになるよ!

2018年MOTOGPチャンピオンマシン~ホンダ RC213V~

RCV213Vオートバイ
RCV213V


 

 

 

 

みなさま、こんにちは。

 

Masakiです。

 

 

2018年10月12、13、14日にMOTOGP16戦「MOTUL 日本グランプリ」が開催されます。

 

 

ツインリンクもてぎ 2018 FIM MotoGP 世界選手権シリーズ第16戦 MOTUL 日本グランプリ

 

 

2018年シーズンのMOTOGPは、マルク・マルケスの速さが際立っていますね。

 

マルケスは、2013年、2014年、2016年、2017年と近年タイトルを連覇し、圧倒的な強さを見せています。

 

2018年シーズンは、マルケスが頭一つ抜きんでて、ランキングトップに位置しています。

 

出典:marcmarquez93

 

マルク・マルケス OFFICIAL WEBSITE

 

 

2位には67ポイント差でドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾ。
昨年はドヴィが“覚醒”したと絶賛されましたが、今年も好調が続いているようですね。

 

 

アンドレア・ドヴィツィオーゾ OFFICIAL WEBSITE

 

 

ライダーのランキングも気になるところですが、コンストラクターズチャンピオンシップも気になるところです。

 

2018年MOTOGP第15戦時点では、

・1位 ホンダ 306ポイント
・2位 ドゥカティ 273ポイント
・3位 ヤマハ 218ポイント
・4位 スズキ 157ポイント
・5位 KTM 45ポイント
・6位 アプリリア 42ポイント

となっています。

 

 

ホンダは2016年、2017年と2年連続コンストラクターズチャンピオンを獲得しています。
もし、2018年も獲得すれば、3年連続コンストラクターズチャンピオン獲得となります。

 

2018年チャンピオン候補のマシン「RC213V」が期間限定で展示してある、「Honda ウエルカムプラザ青山」に行ってきましたよ。

 

RC213V

 

 

RC213Vは、RC212Vの後継機として2012年よりレースへ投入されました。

 

 

エンジン

 

RC212Vは排気量が800ccでしたが、2012年よりレギュレーションが変更になり、
RC213Vは排気量が1000ccとなりました。

エンジン構造はV型4気筒。

最高出力は180kW(約245ps)以上を発揮します。

 

 

シャシ

 

エンジンを収納しているシャーシは、剛性バランスに優れた「ツイン・スパー・アルミ・シャーシ」を使用しています。

理想的な剛性と強度をもっていますが、リヤタイヤを路面にグリップするために必要な“適切な柔軟性”も持ち合わせています。

 

 

サスペンション

 

サスペンションは前後ともスウェーデンに本社があります、「オーリンズ」社製のサスペンションを使用しています。

ホンダのファクトリーライダー“マルク・マルケス”と”ダニ・ペドロサ”には、それぞれの専属オーリンズ技術者が技術サポートをするそうです。

 

 

タイヤ

 

タイヤはミシュラン製のタイヤを使用しています。

タイヤのサプライヤーは2016年に変更され、2015年までは全MOTOGPマシンには「ブリヂストン」社製のタイヤを装着していました。

2016年からは全MOTOGPマシンは「ミシュラン」社製のタイヤを装着しています。

 

 

ブレーキ

 

ブレーキはイタリア、クルノに本社を置きます「ブレンボ」社製のブレーキシステムを使用しています。

ブレーキローターは“CC”と呼ばれる「炭素繊維強化炭素複合材料」を使用しています。

「炭素繊維強化炭素複合材料」は炭素繊維を炭素で固めて強化したもので、
軽量、高強度、高弾性、耐熱性に優れた特性を持っています。

 

主要諸元

全長(mm) 2,052
全幅(mm) 645
全高(mm) 1,110
ホイールベース(mm) 1,435
最低地上高(mm) 115
乾燥重量(kg) FIM競技規則に準ずる
エンジン形式水冷4ストロークDOHC4バルブV4
総排気量(cc) 1,000
最高出力 180kW以上
フレーム形式 アルミツインチューブ
フロントタイヤ(インチ) 17
リアタイヤ(インチ) 17
懸架方式(前) テレスコピック式
懸架方式(後) プロリンク
燃料タンク容量(L) 22

 

出典:HRCRepsol Honda Team RC213V 2018

 

 

フォトギャラリー

#26 ダニ・ペドロサ車ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

#93 マルク・マルケス車ですね。

 

 

みなさま、この画像はバイクが転倒している画像ではありませんよ。

 

 

 

 

 

 

この“バンク角”どうですか!
僕ならほぼ“転倒”ですね。(>_<)

 

 

 

 

 

 

 

マルク・マルケス選手のレーシングスーツ

 

マルク・マルケス選手のヘルメット

 

 

 

感想

 

 

やはり“本物”は迫力が違いました。

 

カッコいいし、“工業製品”としての完成度の高さを感じました。

 

実際のMOTOGPマシンのほかに、MOTOGPマシンのカウルやチタン製のボルト・ナット類が展示してあり、実際に手に取って“重さ”と“質感”を感じることができます。

 

 

 

カウル類の“軽さ”は驚きですよ。

 

 

 

 

 

Hondaウエルカムプラザ青山では、9月25日から10月21日まで、
2018 FIA F1世界選手権シリーズ 「第17戦 Honda日本グランプリレース」と、10月21日(日)に開催される、2018 FIM MotoGP世界選手権シリーズ「第16戦 MOTUL 日本グランプリ」の特別展示
Honda Racing JAPANESE GRAND PRIX EXHIBITION 2018」を開催しています。

実際のMOTOGPマシンの展示や、本物のホンダF1のエンジンを展示しています。

 

Hondaウエルカムプラザ青山

 

 

 

 

 

 

MOTOGPやF1に興味がある方や、実際のマシンを見てみたい人は、絶好のチャンスですよ!
※ホンダFIの“本物”のエンジンは一見の価値があります!!

 

Hondaウエルカムプラザ青山内には、カフェスペースが併設されていて、お友達とコーヒーを飲むために行ってもいいかもしれませんね!

 

 

Hondaウエルカムプラザ青山はいつも新鮮なホンダ製品の情報が満載で、いつ行っても楽しめるスペースとなっています。

 

家族で行けば、子供は大喜びですよ!

 

 

10月21日(日)にツインリンクもてぎにて、
「2018 FIM MotoGP™世界選手権シリーズ 第16戦 MOTUL 日本グランプリ」
が開催されます。

 

もてぎが地元の“ホンダ”の選手には特に頑張ってほしいですよね。

 

MOTOGP唯一の日本人選手、「中上貴晶」選手には、“TOP10”を狙ってもらいたいですね。

 

また、2018年で引退となる、“”ダニ・ペドロサ選手にも最後のもてぎを快走で締めくくってもらいたいです。

 

 

 

私も今から楽しみです。

 

 

 

[ MOTO GP ] マルク・マルケス 93 オフィシャル トラッカー キャップ 2018 レッド

 

 

Ducati Corse Andrea Dovizioso 04 Moto GP Baseball Cap Official 2017

 

 

【 MOTO GP 】 モトGP REPSOL HONDA HRC レプソル ホンダ レーシング オフィシャル スポンサー ジップスウェット (L)

 

 

【 MOTO GP 】 モトGP REPSOL HONDA レプソル ホンダ オフィシャル レプリカ チーム ポロシャツ

 

 

【 MOTO GP 】 モトGP REPSOL レプソル チーム オフィシャル スポンサー Tシャツ

 

 

 

 

読んでいただき、誠にありがとうございました。

またお会いしましょう!

 

 

 

 

おまけ

 

Red Bull Toro Rosso Hondaのピエール・ガスリー選手のツナギとヘルメットも展示してありました。

 

 

 

 

 

追記

Repsol Honda Teamのマルク・マルケス選手が、ロードレース世界選手権、第16戦日本GPで、2018年MOTOGPWORLDCHAMPIONを決めました。

 

残り3戦を残してのチャンピオン決定となります。

 

日本GPもてぎラウンドで、ランキング2位のアンドレア・ドヴィツィオーゾ選手が残り2周でまさかの“転倒”という幕切れでチャンピオン決定となりました。

 

それにしても“強い”の一言ですね!

 

マルク・マルケス選手、チャンピオンおめでとうございます!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました