Masakiもおすすめ! 愛車がピッカピカになるバイク用シャンプーはこちら。しかも安いぜ!!
KARCHER(ケルヒャー) マルチクリーナー 充電式だからどこでも洗車ができます。

オートバイを愛する人は、いつでも愛車をきれいにしたいものです。
この「KARCHER(ケルヒャー) OC3」は充電式だから電源やホースが届かないところでの洗車もOK!
超高圧じゃないから、オートバイにも安心です。

詳細を見る

第46回東京モーターサイクルショー フォトギャラリー ~後編~

オートバイ

 

 

 

 

 

先日レンタルCDを借りようと近所のTUTAYAに行ったのですが、

お店がなくなっていました。 (T_T)

 

ガッカリした帰り、ファミリーマートでパンを買ってレジでTポイントカードを提示したのですが、

 

そこで思ったこと。

 

 

肝心なTUTAYAがないんなら、Tポイントカード意味ないじゃん...

 

 

でおなじみの

 

Masakiです。

 

みなさま、元気でお過ごしでしょうか。

※Tポイントカードのポイントって、元々レンタルCD借りるためにポイント貯めてるんじゃないの?

 

 

 

今回は2019年3月22日から24日に行われた

 

第46回東京モーターサイクルショー

 

の模様をお届けする後半です。

 

前回の模様はこちら

第46回東京モーターサイクルショー フォトギャラリー ~前編~
皆さまこんにちは。 2019年3月22日から24日に行われた 「第46回東京モーターサイクルショー」 の模様を画像とともにお届けします。 国内外の2輪メーカーやカスタムショップさん、ツーリングギアメーカーなど、 たくさんのブースがあり、とても楽しいイベントでした。 ぜひご覧ください。

 

 

今回は私のスペシャルムービーも公開しますよ。

 

 

記事の下までスクロールしてみてくださいね。

 

 

 

KTMブース

 

 

KTM1290 SUPER ADVENTURE S 
“顔つき”がオーストリアKTMデザインの香りがします。

 

KTM1290 SUPER ADVENTURE R
ダカールラリー18連覇のテクノロジーが光ります。

 

KTM790 ADVENTURE 
※日本初公開です。

 

KTM1290 SUPER DUKE GT
最高出力128.7 kW(175PS)を誇るKTMのGTマシンは、
長距離ツーリングはお手の物です。

 

KTM 390 DUKE
※街乗りでは十分すぎるほどパワーがあります。

 

KTM690 SMC R
※単気筒693ccで55 kW(約75PS)を絞りだします。
これかなりすごいです。

 

 

トライアンフブース

 

 

 

※トライアンフは2019年からFIM Moto2世界選手権の独占エンジンサプライヤーとなりました。
3気筒765ccエンジンは、最高出力は140PS以上を発揮します。

 

 

 

※トライアンフブースに2018年からFIM Moto2世界選手権に参戦している「NTS RW Racing GP」のマシンが展示してありました。
「NTS」は福島県に本拠を置く精密金属部品機械加工メーカーで、“純国産”“福島製”で世界を戦っています。
応援しています。

 

 

Speed Twin

 

 

Bonneville T120 Black

 

 

Bonneville Bobber

 

TIGER 1200

 

 

ハーレーダビッドソンブース

 

 

 

 

 

※ハーレーダビットソンブースでは、ハーレーダビットソンディーラーによるカスタムコンテスト
Battle Of The Kings」の日本ラウンドで入賞を果たしたマシンの展示をしていましたよ。
ディーラーのカスタムセンスがとても光っていますね。

 

FAT BOB

 

FORTY-EIGHT SPECIAL

 

SPORT GLIDE

 

※カスタムビルダーのバイクって、カッコいいですよね!

 

 

日本特殊陶業株式会社

 

日本特殊陶業株式会社さんのブースでは、ホンダ、ヤマハ、スズキのMOTOGPマシンが展示してありましたよ。
ホンダ、ヤマハの2018年マシンを展示できる日本特殊陶業株式会社さんはすごいですよね。

 

 

 

2018年度MOTOGPチャンピオンマシン「Repsol Honda Team RC213V

 

 

Monster Energy Yamaha MotoGP YZR-M1
バレンティーノ・ロッシ選手、応援してるぜ!

 

 

Team SUZUKI ECSTAR GSX-RR

 

 

全日本ロードレース選手権マシン

 

ビックサイト館内では、
JSB1000のマシンも展示してありましたよ。

 

YZF-R1

 

 

CBR1000RR SP2

 

 

Ninja ZX10-RR

 

 

 

ヨシムラジャパンのブースでは、JSB1000クラスを戦う
GSX-R1000R
の展示をしていました。

 

 

レーシングスーツ(MOTOGPライダー、全日本ロードレース選手権ライダー)

 

アルパインスターズのブースでは、MOTOGPライダーのレーシングスーツを展示してありました。

 

LCR Honda IDEMITSUチーム 
中上貴晶選手
オフィシャルサイト Taka-Nakagami

 

 

ドゥカティ・チーム
アンドレア・ドヴィツィオーゾ選手
オフィシャルサイト ANDREA DOVIZIOSO.com

 

Monster Energy Yamaha MotoGP
マーベリック・ビニャーレス選手
オフィシャルFACEBOOK Maverick Viñales

 

 

ダイネーゼのブースには、
バレンティーノ・ロッシ選手のレーシングスーツと、

バレンティーノ・ロッシの義理の弟
ルカ・マリーニ選手の
レーシングスーツが展示してありました。

 

Monster Energy Yamaha MotoGP
バレンティーノ・ロッシ選手
バレンティーノ・ロッシ オフィシャルサイト VALENTINO ROSSI.com

 

 

ルカ・マリーニ オフィシャルFACEBOOK Luca Marini LM97 Official

 

 

RS TAICHI のブースでは、Red Bull KTM Tech3でMOTOGPを戦う
ハフィス・シャーリン選手の
レーシングスーツを展示していました。

 

ハフィス・シャーリン オフィシャル インスタグラム hafizh_syahrin

 

HYOD PRODUCTSのブースでは、JSB1000 2008、2009、2012~2016、2018年度チャンピオン
中須賀克行選手
のレーシングスーツを展示してありましたよ。

 

 

 

Masakiのスペシャルムービー

 

 


画像をクリック

※なりきってます!

 

 

 

あなた、ぶっ飛んでますね。

 

 

 

 

 

 

感想

 

今回の東京モーターサイクルショーも大盛況でしたね。

 

来場者数も過去最高を記録しました。(149,524人
出典:東京モーターサイクルショー 開催実績

 

来場者の方もたくさんいらしていて、皆様お目当てのバイクに釘付けでした。

 

 

レセプタントの方もみなさまきれいな方ばかりで、オートバイ以上にみなさまの目を釘付けにしていましたよ。(私も釘付けでした。 (^^;) )

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような楽しいイベントが毎年行われるのは本当にうれしいことですよね。

 

 

 

オートバイは素敵な乗り物です。

 

マシンと一体になれ、自然の“”を感じ取れます。

 

当然雨風に吹かれれば、身の危険を感じることもあります。

 

 

しかし、この“危険”を察知し、どのようにすれば危険を回避できるかを考えながらライディングすることで、未然に事故やけがを回避することができるのです。

 

 

そして、この危険を察しながらオートバイに乗ることが“自己鍛錬”につながるんです。

 

 

リスクと楽しさは隣りあわせですよね。

 

あまり危険なことはおすすめできませんが、

 

安全”なことばかりでは人生を楽しく生きられないんじゃないかなぁ、と

 

近頃思っています。

 

 

 

みなさま、ぜひこの機会に近くのオートバイ販売店などにお出かけになり、

 

お手頃な中古車などを探してみてはいかがでしょうか。
(もちろんカッコいい“新車”が買えればそれに越したことはないですよね!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お越しいただき、誠にありがとうございました。
またお会いしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました