Masakiもおすすめ! 愛車がピッカピカになるバイク用シャンプーはこちら。しかも安いよ (^.^)
ワコーズ VAC バリアスコート

車、オートバイ用コーディング材で定評がある「ワコーズ」の超強力なコーディング材です。
高密度ガラス系ポリマーとオリジナルポリマーレジンがガラスのようなクリスタルな輝きを実現します。
磨けば磨くほど輝きが増すコーディング材です。
ガラス系のコートであなたの愛車を“ガッチガチ”にコーディングします。

一度使ってみて!ツルツルになるよ!

日産グローバル本社ギャラリーに日産GT-Rを見に行きました。

日産 グローバル本社ギャラリー

 

 

 

 

 

みなさま、日産の車の中で、どの車が一番好きですか?

私は「GT-R」が一番好きです。

あと、「NV350キャラバン」も好きなんです。

 

自動車好きの人は、やはり直に触れたい、乗ってみたい、ハンドルを握ってみたい、ということを考えてしまいますよね。

横浜に本社を置く日産自動車株式会社は、我々自動車好きの望みをかなえてくれる、“夢のステージ”があります。

 

その場所が「日産グローバル本社ギャラリー」です。

 

 

 

日産グローバル本社ギャラリーとは

 

1968年に東京都中央区銀座に横浜市から本社を移動しましたが、業務の効率化や本館の老朽化などで、本社機能を創業の地でもあります神奈川県内の横浜市西区に移転いたしました。

竣工は2009年8月です。

1階を日産グローバル本社ギャラリーとし、日産自動車の展示スペースとなっています。

 

 

日産グローバル本社ギャラリーには日産の最新車両の展示や、最新技術のカットモデルなどが展示してあり、家族やお子様なども十分楽しめるギャラリーとなっています。

 

 

日産グローバル本社ギャラリーの住所は横浜市西区高島1丁目1番1号となります。
日産自動車株式会社本社1階がギャラリーとなっており、最新車種や日産の歴史などを展示するスペースとなっています。

 

日産の最新車種の試乗もしています。
日にちによって車種が違うようですが、私が行った日は

  • GT-R
  • ノート

が試乗できました。

今回私は、日産ノートを試乗させていたさきました。

※実際の試乗車は、NISMOバージョンではないです。

 

アクセス方法

  • 電車でのアクセス

アクセス方法は、横浜駅東口方面より横浜そごう方面に向かって歩き、横浜そごう2階のはまみらいウォークを渡ると日産グローバル本社が見えてきます。

 

  • お車でのアクセス

お車でお越しの方は、近くの提携駐車場、「横浜三井ビルディング駐車場」がございます。
「横浜三井ビルディング駐車場」にお車を駐車し、ギャラリーにお越しください。

 

 

フォトギャラリー

 

メインステージではNISSAN GT-R NISMOを展示していました。

 

NISMOバージンのジュークのありましたよ。

 

2008年、スーパーGTのGT500クラスで戦った「NISSAN GT-R NISMO MOTUL AUTECH GT-R」が展示してありました。
迫力あるフォルムですね。

 

日産スカイラインも展示してありました。
できる男の車”って感じでした。

 

新旧「シーマ」が展示してありました。
初代シーマ”を覚えている人、いるかなぁ。

 

フーガもありました。
運転席より、後部座席に乗りたい。(いつか...)

 

今でも人気ですよね。 日産シルビアK’s

 

日産 ノート e-POWER試乗記

詳細説明:日産NOTE e-POWERの魅力

 

日産 ノート e-POWERの第一印象は、“モーターで駆動している”と、言われないとわからないくらい、フィーリングはガソリンエンジンのコンパクトカーと変わらなかったです。

走り出しのトルク感はガソリンエンジン車よりも力があるような感じで、車のレスポンスも、アクセルに非常に俊敏に反応します。

 

室内は非常に静かで、快適な空間といえます。

バッテリーの残量がなくなると、発電用エンジンが自動で始動します。その時の振動とエンジン音が少しだけ室内に伝わりますが、ほとんど気にするレベルの騒音ではありません。

 

今回の試乗で特に気に入ったのは、“e-POWER Drive”というシステムで、アクセルペダルの「ON」、「OFF」だけでブレーキがかかるというものでした。

このe-POWER Driveというのは、駆動用モーターを減速時に、駆動軸側から回すことによって発電することを応用し、アクセルペダルを離すと同時にバッテリーに発電できるということでした。
発電すると同時に、駆動用モーターに負荷がかかり、それと同時に駆動軸にも負荷がかかり、ブレーキをかけた時と同じ状態になります。
ブレーキペダルを踏まななくても、駆動用モーターに負荷がかかることにより減速が可能というシステムでした。

実際にアクセルペダルを離してみたところ、かなり強力にブレーキがかかり、ほとんど“停止”の状態まで減速できます。しかし、完璧に“停止”にはならなく、完全に“ストップ”状態にするには、ブレーキペダルを踏まなくてはいけないようでした。

 

運転席のディスプレイ類も、未来の自動車を予感させるような、最新のメーター類で、ドライバーに適切な各種情報を提供してくれます。

 

試乗を終わった時には単純に“すごい!”の一言で、電気自動車もガソリンエンジンと変わらないところまで来たんだと感心させられました。

 

 

 

感想

 

実際に好きな車に触れられて、運転席に座り、運転している気分を満喫できるという、夢のような場所で、何回行っても飽きの来ない、素晴らしいギャラリーでした。

 

日産PRスペシャリストさんが、丁寧に案内してくれて、その上、各車種の詳細な情報まで教えていただき、大変勉強になりました。日産PRスペシャリストさんの情報量の多さと来場者の方に気の細かなサービスを提供する姿勢に感心させられました。

 

日産グローバルギャラリーはイベントも頻繁にしています。子供向けのイベントや家族みんなで楽しめるイベントもあるようですので、スケジュールを確認して参加してみるのも、日産グローバル本社ギャラリーの楽しみの一つかと思います。

 

みなさまの一度お越しになり、実際の車に触れて、感じて、日産車の魅力を満喫してはいかがでしょうか。

 

 

本日も読んでいただき、誠にありがとうございました。

またお会いしましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました