Masakiもおすすめ! 愛車がピッカピカになるバイク用シャンプーはこちら。しかも安いぜ!!
ワコーズ VAC バリアスコート

車、オートバイ用コーディング材で定評がある「ワコーズ」の超強力なコーディング材です。
高密度ガラス系ポリマーとオリジナルポリマーレジンがガラスのようなクリスタルな輝きを実現します。
磨けば磨くほど輝きが増すコーディング材です。
ガラス系のコートであなたの愛車を“ガッチガチ”にコーディングします。

一度使ってみて!ツルツルになるよ!

ガンになんか負けない! 不屈のMMA戦士~山本“KID”徳郁~

My Favorite person

 

 

 

みなさま、

 

こんにちは。

 

Masakiです。

 

 

私の好きな総合格闘技選手が、がん闘病を公表しました。

 

その総合格闘技選手の名前は

 

 

山本“KID”徳郁

 

 

選手です。

 

 

山本“KID”徳郁

 

生年月日:1977年3月15日(41歳)(2018年現在)

出身地:神奈川県川崎市

 

ニックネームは「神の子」、「KID」

 

父親は、ミュンヘンオリンピックレスリング・グレコローマン日本代表の山本郁榮

姉は、レスリング・フリースタイル選手、総合格闘家の山本美憂

妹は、レスリング・フリースタイル選手、ダルビッシュ有の妻である山本聖子

 

 

山本徳郁選手は幼いころからレスリングで活躍していました。

 

高校時代には単身でアメリカに渡り、レスリング修行をいたしました。

 

大学時代に日本に帰国し、全日本学生レスリング選手権大会優勝などの、数々に実績を残しています。

 

2000年のシドニーオリンピックを目指していましたが、1999年の全日本レスリング選手権大会で優勝を逃し、オリンピック出場を逃してしまいます。

 

オリンピック出場の機会を逃したことを契機に、当時姉の夫であったエンセン井上に師事し、
総合格闘技に転向します。

 

2006年に、北京オリンピック出場を目指しレスリングに復帰しましたが、
天皇杯平成18年度全日本レスリング選手権で井上謙二選手に負け、二回戦敗退を喫します。

最後の望みをかけ、2007年レスリング明治乳業杯全日本選抜選手権の出場を試みましたが、
平成18年度の全日本レスリング選手権での試合で脱臼した肘が完治せず、出場を取りやめました。

 

2007年9月に、総合格闘技に復帰し、数々の戦績を誇っています。

 

 

主な戦績

 

○ キコ・ロペス 1R 1:41 KO(右フック→パウンド) DREAM.14

○ ハニ・ヤヒーラ 2R 3:11 KO(スタンドパンチ連打) K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!!

○ ビビアーノ・フェルナンデス 5分3R終了 判定3-0 HERO’S 2007 ミドル級世界王者決定トーナメント決勝戦

○ イストバン・マヨロシュ 1R 3:46 KO(スタンドパンチ連打) K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!

○ 宮田和幸 1R 0:04 KO(左跳び膝蹴り) HERO’S 2006 ミドル級世界最強王者決定トーナメント開幕戦

○ 須藤元気 1R 4:39 KO(右フック→パウンド) K-1 PREMIUM 2005 Dynamite!!【ミドル級トーナメント 決勝】

○ 宇野薫 2R 4:04 TKO(ドクターストップ:左眉尻カット) HERO’S 2005 ミドル級世界最強王者決定トーナメント準決勝【ミドル級トーナメント 準決勝】

○ ホイラー・グレイシー 2R 0:38 KO(右フック) HERO’S 2005 ミドル級世界最強王者決定トーナメント準決勝【ミドル級トーナメント 準々決勝】

○ イアン・シャファー 3R 1:23 TKO(パウンド) HERO’S 2005 ミドル級世界最強王者決定トーナメント開幕戦

○ ジャダンバ・ナラントンガラグ 1R 1:55 KO(右ストレート→パウンド) K-1 WORLD MAX 2004 〜世界王者対抗戦

○ 安廣一哉 2R 2:40 腕ひしぎ十字固め K-1 WORLD MAX 2004 〜世界一決定トーナメント開幕戦〜【ミックスルール】

○ トニー・バレント 1R 0:58 チョークスリーパー K-1 WORLD MAX 2004 〜世界一決定トーナメント開幕戦

 

出典:Wikipedia 山本徳郁

 

 

獲得タイトル

 

レスリング

 

1998年・全日本レスリング学生選手権フリースタイル58kg級 優勝

1998年・内閣総理大臣杯全日本大学レスリング選手権大会 準優勝

1999年・全日本学生レスリング選手権大会フリースタイル58kg級 優勝

1999年・全日本レスリング学生選手権フリースタイル58kg級 優勝

1999年・内閣総理大臣杯全日本大学レスリング選手権大会 優勝(最優秀選手賞)

 

出典:Wikipedia 山本徳郁

 

 

総合格闘技

 

第7回全日本アマチュア修斗選手権 ライト級 優勝(2000年)

HERO’S 2005 ミドル級世界最強王者決定トーナメント 優勝(2005年)

 

出典:Wikipedia 山本徳郁

 

 

山本徳郁 公式Instagram

山本“KID”徳郁 公式Twitter

 

 

 

ガン闘病中のKIDさんへ

 

 

ニュースで山本KID徳郁さんが、「ガン闘病中」ということを知りました。

 

当初はとてもショックを受けました。

 

私の一番好きなMMA選手だからです。

 

 

小柄な体格ながら、自分より大柄な選手に果敢に挑む姿が、とても勇敢に見えて、
同じ男ながらとてもカッコよく見てました。

 

筋肉も隆々で、そのがっちりした体格は、挑んできたファイターを一撃で仕留めるのに十分な力を発揮しました。

 

 

山本選手は、現在ガンの治療療養中です。

 

私は正直に言って心配はしていません。

 

 

なぜならば、山本選手はガンに負けるわけないからです。

 

 

みなさまはテレビなどで、山本選手の戦いぶりを見たことがありますでしょうか。

 

大柄な選手に果敢に挑む姿は、何事にも怯まず、相手を常に“KO”しに行きます。

 

そして、“有言実行”、常に勝ってきました。

 

 

挑み続ける姿は総合格闘技のみならず、アマチュアレスリングにも表れていました。

 

オリンピック出場を目指し、あきらめることをせず、望みがあるなら常に挑み続ける姿は、
人々に希望を与え続けてきました。

 

 

その山本選手が“ガン”に負けると思いますか?

 

 

私は負けるとは思いません。

 

負けるはずがないのです。

 

数々の戦績を誇る“山本“KID”徳郁”はリング上で、リングの中やゲージの中で屈強な相手を打ち負かしてきた人です。

 

この戦いは、絶対負けるわけにはいかないのです。

 

 

 

山本選手、ゆっくりでいいから、僕らの前に元気な姿をみせてください。

 

 

病気に負けるな!

 

待ってるぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

KRAZYBEE OFFICIAL BRAND SHOP   山本選手一押しのアイテムが満載だぜ!

 

 

KID―山本徳郁フォトブック

 

 

 

読んでいただき、誠にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました