Masakiもおすすめ! 愛車がピッカピカになるバイク用シャンプーはこちら。しかも安いぜ!!
ワコーズ VAC バリアスコート

車、オートバイ用コーディング材で定評がある「ワコーズ」の超強力なコーディング材です。
高密度ガラス系ポリマーとオリジナルポリマーレジンがガラスのようなクリスタルな輝きを実現します。
磨けば磨くほど輝きが増すコーディング材です。
ガラス系のコートであなたの愛車を“ガッチガチ”にコーディングします。

一度使ってみて!ツルツルになるよ!

今“EU離脱”のイギリスが熱い!15ポンドがいくらに増えるか検証する。(Vol.2)

投資


15ポンド投資シリーズ

今“EU離脱”のイギリスが熱い!15ポンドがいくらに増えるか検証する。(Vol.1)
イギリスEU離脱が混迷を深めています。 簡単にイギリスEU離脱の経緯をまとめてみました。 そして自分でイギリス通貨を15ポンド分購入してみました。 今後のイギリスの動向で15ポンドがどう動くか、 とても楽しみです。 ぜひご覧ください。

 

 

2019年6月1日のポンド/円レート

 

2019年6月1日(17:57)
ポンド/円レート
1ポンド:136.86円

 

 

2019年5月30日(15:54)
※私が買ったときのレート
1ポンド:138.72円

 

1円86銭値下がり

 

 

 

トピックス

 

AFP通信社のニュースサイトに、トランプ大統領が英日曜紙サンデー・テレグラフ誌に述べたインタビューの記事が掲載されています。

 

トランプ氏、英に「合意なきEU離脱」を助言 3日から訪英

 

この記事によると、

イギリスのEU脱退に関してトランプ大統領は、

「合意なき離脱」を推奨する。

と述べました。

 

 

またメイ首相の後任には、強硬離脱派のジョンソン前外相が適任とも述べています。

 

 

ジョンソン前外相は離脱に関して強硬派として知られていて、次期首相候補の筆頭にも数えられています。

 

 

ジョンソン前外相は2019年5月25日に訪問先のスイスでイギリス首相選挙の出馬宣言をしました。

 

 

その際イギリスのEU脱退に関してこのようにコメントしております。

 

「英国は10月31日にEUから離脱する。合意があろうとなかろうとだ」

 

2019年6月11日ロイター 英保守党党首選に10人が届け出、ジョンソン氏やハント外相ら

 

 

レートだけ見るとポンドは下がり続けています。

 

 

EUを「合意なき離脱」をした場合の経済対策が、世界経済に対して不透明なところがあるということで、
ポンドが売られているのではないかと考えています。

 

 

 

 

なんか似てるよね、この2人。

 

トランプ大統領

 

 

ジョンソン前外相

 

 

 

買い”の材料がなかなか出てこないですね。

 

 

 

このまま値が下がり続けるのか?

 

 

 

この続きはまた後日!

コメント

タイトルとURLをコピーしました